読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bustle Pannier Crinoline

バッスル・パニエ・クリノリン

パイズリの本質

性欲:考察

パイズリの本質はすでに私の下記の2つのツイートで概ね語りつくされています。

 

 

この2つのツイートからもわかるように、パイズリの本質はその視覚情報であり、物理的刺激の弱さをもって二軍選手のレッテル貼りをするのはお門違いなのです。物理刺激が弱いからこそ視覚情報に頼るともいえますが、むしろ視覚情報を十分に堪能するために神様があえてパイズリの物理刺激の強さをセーブしたのではないかとも思えます。

 

特に重要なパーツは鎖骨です。ある程度胸が大きくないとパイズリはできないのですが、胸が大きい方は皮下脂肪が豊かであることが多いため鎖骨が浮き出ないリスクが胸の大きさに比例してしまうのが難しいところです。したがって、優れたパイズリかどうかは、動作としての優秀さではなく、素材としての優秀さで、かなりの勝敗が決まってきそうです。つまり、パイズリに足る豊かな胸を持ちながら、同時に美しく浮き出る鎖骨の持ち主でもある、そういう女性によるパイズリが理想的なパイズリです。

 

鎖骨に次いで重要なのが肩です。パイズリの形にするためにはある程度肘を外側に突き出す形にならざるをえませんが、腕がそのような形になった時には肩が俄然存在感を増してくるのです。パイズリが生み出す腕の形、それがさらに生み出す肩の形、それがパイズリの味わいであるといえるでしょう。

 

ここで一応触れておかないといけない点があります。それは、パイズリにおけるおっぱいの価値です。言うまでもなく、パイズリの「パイ」はおっぱいの「ぱい」です。おっぱいすりすり略してパイズリです。「パイズリの主役はおっぱいではないのか?」という問いはしごく尤もなものですが、私に言わせれば答えは「NO」です。内山田洋とクールファイブの主役が内山田洋ではなく前川清であるみたいなものです。私は、パイズリの際の縦長にひしゃげたおっぱいが、おっぱいの中で特に美しい形とは思っていません。パイズリが物理刺激ではなく視覚情報にその本質を持つのであれば、おっぱいが主役ではないことは明らかです。